研修内製化!

社員研修コンテンツ

ビジネスシミュレーションのご案内

対象とする課題
  • 若手〜中堅社員に経営者視点を体感させ、自分の役割へのマインドを高めたい
  • 中堅~管理職研修を内製化し、経営幹部人財の継続的な育成を図りたい
  • 職種ごとの課題について、業務体感型の研修を実施したい

ビジネスシミュレーションを用いた

社員研修の3つの特徴
  • 視点の付与
    経営者視点を体感することで得た気づきをもとに自分自身について振り返ることで、自分の役割へのマインドを高めます
  • 高速学習
    ビジネスとプロセスの全体像を短時間で理解することができます
  • 失敗の体験
    経営の成功と失敗を疑似体験することにより、受講生は自らの体験から必要な視点とスキルを学ぶことができます

社員研修に最適な

4つのビジネスシミュレーション

企業理解 ビジネスシミュレーション
所要時間:180分 人数:9~20
内容

チーム対抗でメーカーの経営を行います。参加者は異なる部門の責任者として利益最大化を目指しつつ、企業の仕組みについて学びます。

対象課題

受講生に基本的なビジネスの仕組みと各部門の役割を学ばせると共に、担当業務へのマインドを高めたい。

詳細はこちら >
管理会計 ビジネスシミュレーション
所要時間:180分 人数:4~20
内容

個人戦で化学メーカーを経営します。市場と他社の動向を読みながらROIを踏まえた設備投資を行い、最終的な収益力を競います。

対象課題

プレーヤーからマネージャーへと 視点を高めるため、費用対効果の 意思決定を行うトレーニングを積ませたい。

詳細はこちら
企画立案 ビジネスシミュレーション
所要時間:180分 人数:4~20
内容

チーム対抗で、ツアー企画を考えます。ペルソナマーケティングの手法を基に、STP、3C、4Pなどのフレームワークを体感的に学びます。

対象課題

販売・サービス職に、即効性の高いマーケティングの知識とコンシューマーインサイトの視点を学ばせたい。

詳細はこちら >
IT業務理解 ビジネスゲーム
所要時間:180分 人数:4~20
内容

IT導入前の業務の体感と、その業務効率化を考えさせ、最後にIT導入の効果を体感することで、ITの効力について実感を持たせます。

対象課題

SIerの営業職やSE職が顧客の立場からITの意義・役割について考えられるような研修をしたい。

(例:サービス業、メーカー等)

詳細はこちら >